パラグアイ

Category : 南米

ブエノス・アイレスからパラグアイの首都アスンシオンに移動。アスンシオンは亜熱帯のため、けっこうあったかい。もう、それだけで来た甲斐が会った。

ただ、アスンシオンの観光地はしびれてしまうぐらい何もない。いや、あるんだろうけど、僕にとっては何もなかった。2日間ほど滞在して、動物園と市場に行ったぐらい。

あとは市場で購入したコイルヒーター(コップの水をお湯にするすぐれもの)で牛乳をあっためたら、焦げてしまい使えなくなった。一回目で使えなくなった。焦げた牛乳だけが残った。

そんな素敵な思い出をかかえて、アスンシオンからイグアス市にバスで5時間ほどかけて移動。このイグアス市には、戦後、多くの日本人が移住してきたので、日系の人々が多く暮らしている。そして、ここの日本の方々はとてもいい人が多かった。

バスに降りて宿の場所が分からず、通りすがりの日本の人に聞いたら、わざわざ1キロも歩いて宿まで案内してくれた。日本には1度も来たことがない高校3年生の女の子で、少しだけ片言な日本語だった。「学校を卒業したら、日本に行くつもりです」と言っていた。どう見ても僕より年上に見え、そして、少しだけ朝青龍に似てた。シコはふんでなかった。

この町(というか村に近い)には農協もあり、スーパーでは納豆やのりなんかも売っている。宿ではNHKも見れて、快適、極まりない。しばらくはここでのんびりしようとNHKを見ていたら、朝青龍が優勝していた。

道を案内してくれた女の子を少し思い出した。


Archive

2015 (1)

2013 (10)

2012 (9)

2008 (10)

2007 (78)

2006 (38)

2005 (2)

Category

Another blog

Blog Listに戻る