どうにもとまらない

Category : 南米

コンドルを見ようとペルーのアレキパに来たのだけど、夫婦ですさまじい下痢になってしまった。

その日は、嫁の体調があまり思わしくなかった。なので、糞まみれの赤ん坊のケツを僕らも使用してる共同の洗面所にて、パパの素手でゴシゴシ洗うような宿はやめて、もう少し客層の良さそうないい宿に移ることにした。移動した宿の部屋はトイレ&シャワー付き。銭湯に通ってる貧乏学生が段ボール(みかん)を机の代わりにしてるような場所から、朝シャンしてそうなOLがブログに夕飯(パスタ)の写真を掲載してそうな場所へ。昭和から平成への衣替え。

夜、部屋で平穏に過ごしてると外から爆音。部屋を出てみると、宿の下のクラブで大音量の音楽が流れていた。宿のスタッフに確認すると、夜中の2時までパーティーは続くらしい。とてもじゃないけどこんな騒音では寝れないので、出来るだけ音のしない部屋に移動するが、そこはトイレ&シャワーもない裸電球とベットしかない部屋。

また昭和になっちまったなと嘆いてると、お腹にとてつもない激痛が走る。横を見ると、どうも嫁も腹痛に悶えてる。5分ごとに順番に離れのトイレに行き、ノリピーがDJしてそうな音楽を聞きながら、ピーピーのものを出し続ける夫婦。どうにもとまらない音楽とどうにもとまらない下痢。せめて今夜だけだと切に願う。

翌日、憔悴しきった二人の元へ医者を呼んで検査すると、どうも食べ物から菌が入ったとのこと。医者からもらった薬を飲んだら、ようやく落ち着く二人。痩せて背骨のラインがくっきり分かる嫁を見ると、少し地に足がついていないような気もする。

出来るだけ金で解決をモットーに、今はアレキパから首都リマまで飛行機に乗り、宿も立地最高の場所に構え、スタバでwifiしながら、現代の恩恵を享受してる。


Archive

2015 (1)

2013 (10)

2012 (9)

2008 (10)

2007 (78)

2006 (38)

2005 (2)

Category

Another blog

Blog Listに戻る