想い出がいっぱい 3

Category : 南米

5月3日にとっくに帰国してたのですが、時差ボケ、社会復帰、貞操観念などの事情でアップが遅くなりました。帰国までを日記形式で記載します。

「4月23日」昼のフライトでペルーの首都リマからブラジルのイグアスへ。イミグレでビザが切れてるからブラジルに入国できないと言われる。あっちの言い分はビザが発行されてから3ヶ月までとのこと。こちとら、しっかりと調べあげて入国日から3ヶ月だと知ってたので、かなり強気に出てたが、最終的に拳銃持ってる国境警察がポリスバッチを指差し「俺は警察だぞ!」と切れられ、国家権力にひれ伏す。バカが権力持つと怖い。泣く泣く、3日の猶予をもらい、それまでにブラジルを出ることを約束する。疲労まみれの状態で空港内のATMでお金をおろそうと思い、嫁のキャッシュカードを使おうとするが、なぜか使えず。残金1万円の僕のキャッシュカードでなんとか下ろせて、バスで宿まで移動。宿に着いて一言。「なんて日だ!」

「4月25日」早朝、ブラジルからアルゼンチンへ。アルゼンチンに着いたら、即、ブラジル領事館。明日、ビザを発行してもらえることを確認して、夕方はイグアスの滝を観光。ここ数日のことを、水に流す。

「4月26日」午前中に領事館でブラジルビザをゲット。その後は、今までのご褒美にちょい高めの宿に宿泊。満面の笑みでスタッフに迎えられ、ご機嫌なベットで眠りにつく。明日からはバスで24時間かけ、リオ・デ・ジャネイロに向かう。

「4月28日」バスで24時間かけて、リオに到着。リオの宿泊先はファベーラ(スラム街)にある日本人経営の宿。ファベーラというと映画『シティ・オブ・ゴッド』のイメージが強いので、子どもにバンバン撃たれないかなとビビってたけど、人や犬や鶏がプラプラしてるのんびりした所だった。

「4月29日」宿を経営してる夫婦の子どもがファベーラにある保育園に行くので連れてってもらう。ちなみにこっちの離乳食は肉でした。

「5月1日」リオからサンパウロにバスで移動。夕方、サンパウロ空港に到着して、深夜のフライトまで延々と待つ。その間、最後の晩餐をマクドナルドで過ごす。嫁は海外の生野菜を食べないので、パン/肉/パンとアンチベジタリアン方式で食べていた。

「5月3日」夕方に成田着。成田の便所は寝れるくらいきれいだと感じる。


Archive

2015 (1)

2013 (10)

2012 (9)

2008 (10)

2007 (78)

2006 (38)

2005 (2)

Category

Another blog

Blog Listに戻る